あなたの身体のために>>糖質が少ない食品データーベース

ビタミンの種類を知っておきましょう

ビタミンとは私たちの体によいものであることでわかっているのですが、ではビタミンとはどんな特徴があり、働きをするものなのか気になりますよね。

3大栄養素と呼ばれるものには、脂質、糖質、たんぱく質があります。

これらの栄養素のサポートとなるものがビタミンで、体の中では作り出すことができないために、食事などで体に与えることが必要になります。

現代では、3大栄養素にビタミンとミネラルを加えて5大栄養素とも呼びます。
それほど大切な成分たちなのです。

各ビタミンの特徴


ビタミンの種類は13種類あります。
ビタミンA,ビタミンB1、B2、B6、B12、ナイアシン(ニコチン酸)、パントテン酸、葉酸、ビオチン、ビタミンC、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンKがあります。

そしてこれらのビタミンは水溶性のものと脂溶性のものに分けることが出来ます。

水溶性のビタミンは、ビタミンBグループとビタミンCです。

水溶性のビタミンは多くとりすぎる場合に、水に溶けやすい性質があるために、体の外に排出されます。

ビタミンCはとくにサプリメントでとりすぎても、体の中に蓄積されることがありませんので、風邪の予防などに毎日取ると良いですね。

そして他のビタミンは脂溶性のビタミンで、油に溶けやすい性質があります。
ということは油を使った調理をするとビタミンが体に吸収されやすくなる性質があります。

しかし水溶性とは異なり摂取しすぎると体に悪影響を与えることもありますので注意が必要です。