具体的にビタミンのとりすぎってどうなるの?

私たちの健康に必要なビタミンは水溶性と脂溶性に分かれます。

水溶性のビタミンにはビタミンCがありますが、とり過ぎても水に溶けて体の外に排出されます。
しかし脂溶性のビタミンは取りすぎることにより体に影響がありますので、注意が必要になります。

脂溶性のビタミンにはビタミンAがありますが、過剰摂取をすると吐き気や脱毛といった悪影響があります。
野菜に多く含まれるビタミンAですが、バランスよく食事をする事で、過剰摂取を避けることが出来ます。

そして特定した食材を食べ過ぎることにより、ビタミンの過剰摂取になりますので、気をつけることが必要ですね。

体に良い食べ物も毎日の一定量を守ることが大切です。
魚などもカルシウムなどが豊富ですから、毎日食べると良いのですが、逆に食べすぎはビタミンの過剰摂取になります。

そして脂溶性のビタミンの中でもビタミンDも同様に過剰摂取を気をつけないといけません。
ビタミンの過剰摂取をするといつもより尿が黄色くなったりしますので、体に異変を感じたら気をつけましょう、特にサプリメントを飲んでいるときは注意が必要です。

しかし特に偏った食生活やサプリメントのとりすぎを長期間に渡って行わないかぎり、体に悪影響はでませんので
あまりナーバスになる必要もありません。

ビタミンやミネラルも同様に、不足してもいけませんが、過剰摂取もまた体にはよくありませんので、毎日バランスの取れた食事内容には心がけが必要になりますね。