これらの症状には注意が必要

体の中で作り出すことの出来ないビタミンですが、毎日の食生活で必要なビタミンを吸収する必要があります。

しかしバランスの取れない食生活を送ったり、ダイエットなど急な食生活の変化などにより、ビタミン欠乏症を起す場合があります、ビタミンの欠乏症は軽い症状から始まり重度な症状を起す場合も有りますので、注意が必要になります。

脂溶性のビタミンAが欠乏すると視力低下になります。
ビタミンDは、くる病、そして水に溶けやすい性質の水溶性のビタミンでは、ビタミンCの欠乏により壊血病、ビタミンB2の口内炎などがあります。

これらの症状が出た場合には、サプリメントや食事での治療法が必要になります。

日本人ではそれほどビタミン欠乏症は多くはありませんが、発展途上国などでは、満足な食事がとれない地域では、ビタミン欠乏症がとても深刻な状況にあります。

そしてその国の文化や食生活によってもビタミンがバランスよく取れない場合があります。

ビタミンが欠乏しやすい食事には、加工食品やインスタント食品、そしてハンバーガーなどのファーストフードの食べすぎも、ビタミンが充分に取れない結果となります。

現代の食生活では不足しがちになる野菜や果物を取る為に、野菜ジュースや健康食品も数多く販売されていますので、自分に足りないものを補足出来るように工夫することが必要になります。

しかしサプリメントや健康食品だけに頼ってしまうのも危険ですね。