視力に大きく関わるビタミン

沢山の働きをするビタミンAですが、特に視力に関する働きがあります。
暗いところでの視覚を活発にするのもビタミンAの働きの一つです。

多く含まれる食品にはうなぎやレバーなどがあります。
そして野菜では特に緑黄色野菜に含まれています。

不足しがちな野菜ですが、野菜ジュースなどでビタミンAを摂取することも可能です。
ビタミンAは、皮膚の角質層にも影響していますので、不足することで肌荒れをおこしたり、外部からのウイルスなどに抵抗ガ弱くなる場合もあります。

風邪予防にはとても重要な働きをするビタミンAは、特に子供にも必要となる栄養素です。
しかしビタミンも中でもビタミンAは特に過剰摂取に気をつけないいけません。

ビタミンAの摂り過ぎを気をつける人


取り過ぎは肝臓に悪影響を与えますので、注意が必要になります。
妊婦さんは特にビタミンAの摂取量には気をつけないといけません。
胎児に影響を与えてしまう場合もあります。

バランスの良い食事を取っていれば問題はありませんが、偏った内容の食生活を長く続けていると、ビタミンAの過剰摂取をする事になりますので注意が必要です。

発展途上国でよく見られるビタミンAの不足ですが、暗いところでよくものが見えない、とり目の原因となります。

ひどい場合では失明をするケースもありますので、ビタミンAは必要量をとる事が大切です。
マルチビタミンなどを取ることも、便利な方法として人気がありますが、取り過ぎないように気をつけましょう。