ビタミンCの役割

ビタミンCはビタミンの中でもとても一般的で、サプリメントや色々な食品にも含まれています。

手軽にとる事ができるビタミンCですが、中でも野菜や果物に多く含まれていることでも知られています。

ビタミンCの働きですが、特に女性には必要な美容効果があります。
肌の細胞組織を再生する力がありますし、紫外線から肌を守る作用もあるため、化粧品にも多く含まれています。

ビタミンCを多く含む食品


ビタミンCを多く含む食べ物にはブロッコリーやキウイ、キャベツなどがあります。
栄養素のなかでも特にビタミンCには抗酸化作用があるあために、老化防止の効果があります.

エイジングケアには欠かせないビタミンCですが、充分な野菜や果物をとる事が必要です。

不足すると体の免疫作用も減少するために、風邪を引きやすくなるなど、特に冬の季節にはビタミンCを多くとる事が風邪の予防としても効果的です。

そしてストレスが多いととても減少してしまうのがビタミンCです。
喫煙の習慣もビタミンCの減少につながります。

このビタミンCですが、熱に弱い為に野菜などは加熱しないで生のまま食べると栄養がそのまま摂取することが可能です。

果物も皮の部分に多く栄養分として含まれていますので、ビタミンCを食べ物から摂取するときには工夫が必要ですね。

野菜もカットしてから水洗いをするとビタミンCが水に溶けてしまいます。
そのためキャベツの千切りなどは水洗いした葉をカットするほうがビタミンCを失わずにとる事ができます。